トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
 パワーストーン,ルビー
   ルビー
紅玉 / rubeus

赤い炎を宿した「勝利の宝石」


ルビーの語源は、赤を意味するラテン語「rubeus」。和名は紅玉。その名の通り、あでやかな真紅に輝くこの石は、宝石のなかの宝石とでも呼びたい美しさを備えています。この石が7月の誕生石に選ばれたのは、炎熱の夏にふさわしい色だからでしょうか。現在の誕生石のもととなる12カ月の宝石リストが作られたのは、1952年のアメリカ。梅雨寒が続く今年の日本で選定されていたなら、きっと7月は別の宝石になっていたことでしょう。

ルビー 石物語・伝説・言いつたえ★

古代インドでは、「宝石の王」を意味するラトナラジュという呼び名で呼ばれていたルビー。トーベ・ヤンソンの児童文学『たのしいムーミン一家』には、黒豹の頭ほどもある巨大な「ルビーの王さま」が登場します。世界で最も美しいこのルビーを求めて、眠れないままに夜空を駆けるのは飛行おに。彼は最後に「ルビーの女王」を手に入れ、満足して飛び去ります。

古代ローマの博物誌家、大プリニウスは著書のなかで「紅玉には雄石と雌石がある」と面白いことを述べています。どうやって雌雄を見分けるのかというと、オスのほうが輝きが強く、メスのほうが弱いのだそう。まさか、と思わず笑ってしまいそうですが、プリニウスは大まじめです。

ルビーはときに色を変え、迫りくる危難を持ち主に知らせたという伝説も残っています。イングランドの王妃キャサリン・オブ・アラゴンは、次第に色が褪せてゆく自分のルビーに、不幸の兆しを感じ取っていました。やがて1533年、夫のヘンリー8世はキャサリンの侍女であったアン・ブリーンと結婚。キャサリンはうち捨てられ、王の横暴を阻止しようとした多くの人々は斬首に。この不和はやがて、離婚を許さない教義のローマン・カトリックからイギリスの教会が独立する(王の離婚・再婚を正当化するために)という、歴史的事態に発展するのです。

ルビーの宝石言葉は、情熱・慈愛・威厳。その意味するところにふさわしい真っ赤な色は、コランダムという鉱物に含まれるわずかな酸化クロムによって発色します。この石を顕微鏡でのぞくと、内部に「シルク」と呼ばれる酸化チタンの細い針のような結晶が見られることがあります。ルビーは身のうちに、絹の衣を閉じこめているのです。

宝石商たちは昔から、ビルマ(現ミャンマー)に産するピジョン・ブラッド(鳩の血の色)を最も珍重してきました。現在、ルビーは色をよくするための加熱処理が加えられるのが一般的になっています。また、戦前の日本で流通していたもののなかには、ときおり合成ルビーが混じっていることがあります。ルビーは宝石のなかでは最も早い時期に合成が始まったという歴史が関係しているからなのですが、ルビーをめぐる事情の複雑さは、この宝石の美しさに魅せられる人々の多さをそのまま物語っているといえるでしょう


ルビーのヒーリングパワー★

情熱と生命力を燃え立たせ、ライバルや困難に打ち勝つパワーがあるとされています。恋愛や仕事において勝利をおさめたい時は、ぜひこの石を右手につけてみて下さい。勇気と自信を与えて、勝利の風を運んでくれることでしょう。

ルビーの色・品質★

ブ様々な色を持つコランダムの中で、素晴らしい赤色をしたルビーは、アルミ酸化物、クロムと同様それぞれの生成条件による、ごくわずかな元素からなっています。素晴らしい色と品質が採掘されるのはごくまれです。この希少性があるのは、色の起源と成るクロムが原因です。
数百年前に宝石が地球で作られていた時、地球の中心でクロムはルビーに素晴らしい色を与えましたが、同時に多くの亀裂をもたらしました。ほんのごくわずかなルビー原石が、大きくその様な亀裂などを持たず完璧な宝石へと結晶化しました。
その為、商品質で3ct以上あるルビーはごくまれです。ルビーで最も価値があるとされるのは、色、大きさではなく、ほとんどインクルージョンを持たない石です。

★ルビーの浄化・お手入れ★

お香、月光浴、クリスタルによる浄化のいずれかをお奨め致します。日光浴は変色の原因になるのでお奨めしません。。

クラスター  セージ  太陽光  月光浴  水

     ◎          ◎        ×        ◎      ◎


★ルビーの主要産地★

ルビーの主な産地は東南アジア(ミャンマー、タイ、スリランカ、ベトナム)やタンザニアなどがあります。

世界で最も重要なルビー産地への道のりは90年代に最も重要な産地であった、北ミャンマーのMong Hsuへと導かれます。元来、処理される前のMong Hsuルビーの結晶は、中心が紫から黒味がかっており、外周部が明るい赤色をしていた為、宝飾に使われることが先ずないと思われていました。Mong Hsuルビーは暗い部分が熱処理によって除かれ、深い赤色のみが残った時だけ宝飾市場へだされました。今日でも、Mong Hsu鉱山は世界で最も重要なルビーのサプライヤーです。これらのほとんどが0.5ctから3ctサイズの熱処理されたコマーシャルクォリティーのものです。

ベトナムと中国国境付近にもルビー鉱山があります。ベトナムのるびーは元来、少し紫がかっています。一方、タイ産のルビーは暗い赤から茶色がかった色合いを見せます。この優雅に調和された深い赤色の“サイアムカラー”ルビーはビルマカラーと同様に美しいとされ、特にアメリカで重宝されています。明るいピンクでラズベリーのような色をした“セイロンルビー”は今日非常に稀です。

他のルビー産地は北パキスタンのHunza-Valley、カシミア、タジキスタン、ラオス、ネパール、アフガニスタンがあります。一方、インドのMysore州、Orissa州では、比較的大きい結晶でインクルージョンが非常に多い石が産出されます。これらはビーズやカボションにカットするのに適しています。

現在、東アフリカがルビーの産地として認められてきました。ケニア、タンザニア、ルビーがトン単位で、産出される事が60年代に発見された時は、専門家ヲ含めた皆が驚かされました。なぜなら、それらは明るい赤から、暗い赤までの素晴らしい色をしたルビーだからです。しかし、色が良く大きさがあっても透明度の高いルビーは、なかなか採掘されません。


★鉱物学★

ルビーはコランダム(鋼玉:こうぎょく)と呼ばれる鉱物の一種である。

コランダムは宝石の中ではダイヤモンドの次に固い鉱物で、モース硬度は9。主成分はアルミナ=酸化アルミニウム(Al2O3)である。

ルビーは、どんな光の中でも赤い光を発することができる。これは、ルビーの中の1%のクロムが光エネルギーに反応し、自ら赤く発光するためである。

鉱物データ

    英名:Ruby

    和名:紅玉

   組成:Al2O2

    硬度:9

   比重:3.9 〜 4.0

       色: 赤色 帯紫赤色

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード