ジョージアのカフェオレは自販機にある 値段が激安なのは 糖質などの成分も

ジョージア カフェオレ 自販機 缶・ボトルコーヒー

ジョージアのカフェオレが自販機で売っているのが見つからないから、売っていないのか気になっているのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク



ジョージアのカフェオレは自販機では売っていないの?

ジョージア カフェオレ 自販機

まず、ジョージアのカフェオレは東京だと売ってなくて、西日本の方で多く売られています

なので、東京ではジョージアのカフェオレを売っている自販機は見つからないと思いますし、関東周辺でも売っている自販機はなかなか見つからないと思います。

 

そして、西日本の方でもジョージアのカフェオレは自販機で売っているかどうかは場所などにもよりますが、コカコーラの自販機なら売っていることが多いです。

なので、西日本ならコカコーラの自販機を探していればジョージアのカフェオレを売っているのが見つかります。

 

ジョージアのカフェオレの値段が激安なのはどこ?

ジョージア カフェオレ 値段 激安

ジョージアのカフェオレの値段が激安な店舗はどこなのか、私が調べた範囲だと下記の通りになっていました。(2022年5月頃の情報)

自販機:120円~130円(税込)

コンビニ:114円(税込123円)

イオン:88円(税込95円)

ドラッグストア:78円(税込84円)

 

自販機やコンビニで売っているジョージアのカフェオレは、希望小売価格の値段で販売されていましたが、イオンやドラッグストア等では安く売られていました。

 

そして、楽天を見るとジョージアのカフェオレが30本セットで売られているものだ2,073円(税込)で売られていて、送料を入れなければ1本当り約69円と激安な値段でした。

他にも60本入りのものも4,680円(税込)で1本当り約78円と安い値段でした。

 

なので、セットで買う方がジョージアのカフェオレが安くなる傾向にあります。

 

 

ジョージアのカフェオレはカフェインの量がどれくらい?

ジョージア カフェオレ カフェイン 量

ジョージアのカフェオレに含まれているカフェインの量はどれくらいなのかは不明です。(2022年5月頃の情報)

公式サイトにもカフェインの数値は掲載されていませんでしたし、問い合わせても明確な数値は答えてくれないでしょう。

 

しかし、日本食品標準成分表2020年版(八訂、文部科学省)で定義されている一般的なコーヒーのカフェイン量は、ドリップ式で10gの中挽レギュラーコーヒーを150mlの熱湯で浸出させたものだと100ml中に約60mgです。

ジョージアのカフェオレは1本当りの内容量が250gで、他のカフェオレと同様にコーヒーと牛乳の割合が5:5くらいで入っているのだと考えると、1本の中には約60mgのカフェインが入っている可能性があります。

 

スポンサードリンク

 

ジョージアのカフェオレの糖質はどれくらい?

ジョージア カフェオレ 糖質

ジョージアのカフェオレの糖質は書かれていないので不明ですが、炭水化物の量は100g当たり8.2gです。(2022年5月頃の情報)

そして、ジョージアのカフェオレは1本当りの内容量が250gなので、炭水化物は約20.5g含まれていることになります。

 

炭水化物は糖質と食物繊維の合計なので、ジョージアのカフェオレに含まれている炭水化物が全て糖質というわけではありません。

しかし、それでも炭水化物に含まれている糖質の方が食物繊維よりも多いので、ジョージアのカフェオレ1本には20g近い糖質が含まれていると考えた方がいいでしょう。

 

ジョージアのカフェオレの成分は?

ジョージアのカフェオレに含まれている成分は100g当たりで下記の通りです。(2022年5月頃の情報)

エネルギー:45kcal

たんぱく質:0.9g

脂質:1g

炭水化物:8.2g

食塩相当量:0.08g

 

そして1本当りのカロリーは113kcalです。(2022年5月頃の情報)

 

ジョージアのカフェオレは自販機にあるまとめ

ジョージアのカフェオレは東京の自販機では売っているのが見つからないと思いますが、西日本ならコカコーラの自販機で売っていることがあります。

そして、自販機やコンビニよりもイオンやドラッグストア等を探せば激安の値段でジョージアのカフェオレが売っているのを見つけることが出来ます。

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました