トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
 パワーストーン,ダイヤモンド
   ダイヤモンド
金剛石/Diamond

万物中の至宝にして宝石


万物中の至宝にして宝石の冠たるものですが、成分は純然たる炭素でグラファイト「石墨」と何ら異ならないパワーストーンです。
砂鉱をなす他に、キンバレー岩と称される角礫状黒雲母撒櫻岩中に、血赤色のガーネット(Gmet)「柘楷石」などと共産します。
等軸晶系の八面体、十二面体、六面体の基本結晶体と、それらの組み合わせの各種の双晶を示したり、また、結晶面が湾曲したり、形状がゆがんだり、双晶をなしたりと多種の形状で産出します。
色は、無色を基準として黄色や褐色、青色、緑色、オレンジ色、ピンク色のものなどもあり、条痕は白色を示します。
透明で金剛光沢をもち、八面体に平行な4方向に完全な劈開があります。。

★ダイヤモンド 石物語・伝説・言いつたえ★

名称は、万物最高の硬さのために、ギリシャ語で征服し難いという意味のa(否定辞)+damazein(征服する)に由来します。このパワーストーンが最初に発見されたのは2000年以上前のインドだとされ、それがヨーロッパの国々で見られるようになったのは、ずっと後のことで、従って、『アラビアパワーストーン書』をはじめ、数々の文献にある「アダマス」とは単にこのパワーストーンではなく、硬い石を指して言ったものだとされています。

ダイヤモンドという名前は、ギリシア語の adamas (征服できない、懐かない)に由来する。イタリア語・スペイン語では diamante (ディヤマンテ)、フランス語では diamant (ディヤマン)、ポーランド語では diament (ディヤメント)という。ロシア語では Диамант (ヂヤマーント)というよりは Алмаз (アルマース)という方が普通であるが、これは特に磨かれていないダイヤモンド原石のことを指す場合がある。磨かれたものについては Бриллиант (ブリリヤーント)で総称されるのが普通。


★ダイヤモンドのヒーリングパワー★

永遠の絆、清浄無垢を象徴とし、不滅、勝利を導く、潜在能パワーを引き出す、敵に打ち勝つなどの効果があると言われています。
古くは毒を中和して、精神錯乱を防ぐパワーがあるとされ、新陳代謝を活発にして抵抗パワーを高める働きもあると言われています。

ダイヤモンドの浄化・お手入れ★

水による浄化 太陽による浄化 月による浄化 映像の投影(プロジェクション)による浄化
お香(セージ)による浄化(スマッジング) 水晶クラスターによる浄化 塩による浄化
砂・土による浄化 音による浄化 エッセンスによる浄化

クラスター  セージ  太陽光  月光浴  水

     ◎          ◎        ◎        ◎      ◎


ダイヤモンドの主要産地★

南アフリカ

★鉱物学★

結晶構造を持つ炭素の同素体の一つであり、天然で最も硬い物質である。結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。宝石や研磨剤として利用されている。ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通さない。

地球内部の非常に高温高圧な環境で生成されるダイヤモンドは定まった形で産出されず、また、角ばっているわけではないが、そのカットされた宝飾品の形から、菱形、トランプの絵柄(スート)、野球の内野、記号(◇)を指してダイヤモンドとも言われている。

鉱物データ

    英名:Diamond

    和名:金剛石

   組成:C

    硬度:10.0

   比重:3.52

       色:無色から黒まで様々

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード