ドトールのブレンド コーヒーのサイズは MとSでは?

ドトールのブレンド コーヒーのサイズは MとSでは? ドトール

※当ブログは広告を含む場合があります。

ドトールでブレンド コーヒーのMサイズを注文した時、他の商品でいうとSサイズくらいの大きさだったことから、ドトールのブレンド コーヒーのサイズについて気になっているのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク



おすすめのコーヒー

珈琲きゃろっと

美味しさと最高の品質を兼ね備えたコーヒー豆のお試しセットが、初回限定!今だけ58%OFF!!

豊かなコクと贅沢な味わいの10銘柄、計50袋入りのコーヒーのお試しセットが、初回限定で48%OFF!!


ドトールのブレンド コーヒーのサイズは他の店舗と比較すると?

ドトール ブレンド コーヒー サイズ

ドトールで提供されているブレンド コーヒーのサイズは、Mサイズでも他の店舗でいうSサイズに近い量になりますし、ブレンド コーヒーのSサイズにもなるとさらに量は少なくなります

 

そして、ドトールのカップの量はホットだとサイズ毎で下記のようになっていました。(2022年9月頃の情報)

Sサイズ:150ml

Mサイズ:180ml

Lサイズ:270ml

 

さらに、一例として他の店舗のコーヒーのサイズは下記の通りとなっています。(2022年9月頃の情報)

スターバックスのドリップコーヒー

ショート:240ml(ホット)

トール:350ml

グランデ:470ml

ベンティ:590ml

マクドナルドのプレミアムローストコーヒー

Sサイズ: 175g

Mサイズ: 300g

タリーズ

ショート:240ml

トール:350ml

グランデ:470ml

エノルメ:590ml

 

ローソンのホットコーヒー

コーヒーSサイズ: 160ml

コーヒーMサイズ: 250ml

コーヒーLサイズ: 300ml

メガホットコーヒーサイズ: 500ml

ファミマのホットコーヒー

ブレンドSサイズ:155ml

ブレンドMサイズ:220ml

ブレンドLサイズ:310ml

セブンのホットコーヒー

コーヒーR(レギュラー)サイズ:150ml

コーヒーL(ラージ)サイズ:235ml

 

コンビニで販売されているコーヒーはSサイズだと、ドトールのブレンド コーヒーのSサイズとそれ程変わらない大きさでした。

しかし、チェーン展開しているカフェ等で提供されているコーヒーは、Sサイズでもドトールのブレンド コーヒーのMサイズと変わらないかそれ以上の量になっていました。

 

なので、ドトールのコーヒーがMサイズでも他の店舗の商品と比較して小さく感じるのは間違いではないです。

 

スポンサードリンク

 

ドトールのブレンドのMサイズはアメリカンのSサイズと同じ?

ドトール ブレンド Mサイズ アメリカン Sサイズ

ドトールでブレンド コーヒーのMサイズを注文した時、アメリカンのSサイズと変わらない大きさだと感じだと思いますが、実際にドトールのブレンド コーヒーのMサイズとアメリカンのSサイズのカップは同じ大きさです

 

ドトールでは、ブレンドのコーヒーのサイズは、S、M、Lの3種類になっているのですが、アメリカンのコーヒーのサイズはSとMの2種類です。(2022年9月頃の情報)

 

そして、ドトールのブレンド コーヒーのMサイズはアメリカンのSサイズと同じ大きさのカップが使われていて、ブレンドのLサイズにはアメリカンのMサイズと同じ大きさのカップが使用されています。

なので、ドトールには3種類のカップが存在していて、ブレンドよりも量が多くなるアメリカンには、SサイズでもブレンドのSサイズよりも大きめのカップが使用されています。

 

 

ドトールのブレンドのSサイズが小さいのは?

ドトール ブレンド Sサイズ

ドトールのブレンドのSサイズは、他の店舗のSサイズのコーヒーと比較して変わらない量か少ないMサイズよりさらに少ない量です。

 

しかし、ドトールのブレンドのSサイズは店内飲食で224円、テイクアウトで220円の値段で提供されています。(2022年9月頃の情報)

流石にコンビニと比較すると高めではありますが、コーヒーチェーン店を含めたカフェとしては、安い値段になっています。

 

ドトールのキャッチコピーは「がんばる人の、がんばらない時間。」なので、店舗でコーヒーを飲みながらゆっくりとくつろぐ事を目的としていると思いますし、ドトールに来店しやすいようにとブレンド コーヒーの値段を安くしているという側面もあると思います。

 

ドトールのブレンド コーヒーのサイズまとめ

ドトールのブレンド コーヒーのサイズはMでも他のチェーン店を含めたカフェ等と比較すると少ない量になりますし、Sサイズだとさらに少なくなります。

しかし、Sサイズはカフェ等のコーヒーとしては安い値段設定がされていますので、ドトールに来店しやすいようにという部分があるのでしょう。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました