ネスカフェ エクセラのカフェインの量は インスタントとボトルとで? | コーヒーが好きな人の部屋

ネスカフェ エクセラのカフェインの量は インスタントとボトルとで?

ネスカフェ エクセラのカフェインの量は インスタントとボトルとで? インスタントコーヒー

※当ブログは広告を含む場合があります。

ネスカフェ エクセラには、カフェインの量がどれくらい入っているのか気になっていませんか?

 

スポンサードリンク



おすすめのコーヒー

珈琲きゃろっと

美味しさと最高の品質を兼ね備えたコーヒー豆のお試しセットが、初回限定!今だけ58%OFF!!

豊かなコクと贅沢な味わいの10銘柄、計50袋入りのコーヒーのお試しセットが、初回限定で48%OFF!!


ネスカフェ エクセラのカフェインの量はどれくらい?

ネスカフェ エクセラ カフェイン 量

ネスカフェ エクセラに含まれているカフェインの量は、ネスカフェ エクセラとネスカフェ エクセラ ブラックローストがそれぞれ以下の数値でした。(2023年5月頃の情報)

 

商品名 1杯(2gあたり)含有量
ネスカフェ エクセラ 50~100mg
ネスカフェ エクセラ ブラックロースト  50~100mg

 

ネスカフェ エクセラに含まれているカフェインの量は、表記されている数値にばらつきがある印象ですが、コーヒー豆の収穫時期や地域によってカフェイン量が増減することがあるので、同一商品であっても含まれているカフェインの量が一定ではないからです。

また、ネスカフェ エクセラの1杯(2gあたり)あたりのカフェインの量は、コーヒー1杯分(140ml)のお湯で粉末を溶かした時の数値です。

 

なので、同じネスカフェ エクセラ1杯(2gあたり)だとしても、どれくらいの量のお湯で作るかによって含まれるカフェインの量も変化します。

 

スポンサードリンク

 

ネスカフェ エクセラのカフェインの量はインスタントコーヒーとしては?

ネスカフェ エクセラ カフェイン 量 インスタントコーヒー

ネスカフェ エクセラに含まれているカフェインの量は1杯(2gあたり)で約50~100mgですが、他のインスタントコーヒーと比較して特別高いわけではありません。

 

ドリップコーヒーやインスタントコーヒーに含まれているカフェインの量は、食品安全委員会のデータによれば以下の数値でした。(2023年5月頃の情報)

 

コーヒー100ml 60mg
インスタントコーヒー100ml 57mg

 

コーヒーにしてもインスタントコーヒーにしても、100mlに含まれているカフェインの量は約60mgなので、ネスカフェ エクセラに含まれているカフェインの量も、他のインスタントコーヒーとそれ程違いは存在していません。

ちなみに、1日に摂取していいカフェインの量は、カナダ保険省が設定している数値だと健康な成人で最大400mgです。

 

なので、インスタントコーヒーをコーヒーカップ1杯(140ml)で飲む場合だと、1日3~4杯程度が上限になっています。

そのため、ネスカフェ エクセラに限らずコーヒーを1日に飲み過ぎたりしないように注意が必要です。

 

 

ネスカフェ エクセラのボトルのカフェインの量は無糖だと?

ネスカフェ エクセラ ボトル カフェイン 量 無糖

ネスカフェ エクセラの900mlのボトルコーヒーに含まれているカフェインの量は、表記されていないので不明です。

 

しかし、ネスカフェ エクセラのボトルコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して粉砕したものから抽出して作られています。

なので、ネスカフェ エクセラのボトルコーヒーも他のコーヒーと同様に100mlあたり約60mgのカフェインが含まれていると考えることが出来ます。

 

ネスカフェ エクセラのボトルコーヒーは、無糖や微糖等種類はありますが、いずれもカフェインの量自体には違いは存在していません。

ただ、ボトルコーヒーもインスタントコーヒーと同様にコーヒー豆の収穫時期や地域によってカフェインの量が増減することがあります。

 

他にも、コーヒー豆の焙煎度合いによってカフェインが含まれている量も変化し、浅煎りであるほどカフェインの量が多くなりますし、深煎りであるほどカフェインの量は少なくなります。

そして、ネスカフェ エクセラに限らずボトルコーヒーは、ごくごくと飲むことが出来ますし、特に暑い時はついつい飲み過ぎてしまう事もあるでしょう。

 

そのため、カフェインの取り過ぎにならないように注意して飲んだ方がいいです。

 

ネスカフェ エクセラのカフェインの量まとめ

ネスカフェ エクセラのカフェインの量はインスタントだと粉末2gで50~100mg程です。(2023年5月頃の情報)

しかし、粉末をどれくらい入れるか、お湯の量をどれくらい入れるかによって含まれているカフェインの量も違ってきますので、1日の摂取量を上回らないように注意しておきましょう。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました