コーヒーが冷めない方法はこの3つがおすすめだった? | コーヒーが好きな人の部屋

コーヒーが冷めない方法はこの3つがおすすめだった?

【注目】コーヒーが冷めない方法はこの3つがおすすめだった? コーヒー知識

※当ブログは広告を含む場合があります。

寒い中でコーヒーが冷めない方法について、何かないかと気になっていませんか?

 

スポンサードリンク



おすすめのコーヒー

珈琲きゃろっと

美味しさと最高の品質を兼ね備えたコーヒー豆のお試しセットが、初回限定!今だけ58%OFF!!

豊かなコクと贅沢な味わいの10銘柄、計50袋入りのコーヒーのお試しセットが、初回限定で48%OFF!!


コーヒーが冷めない方法はこの3つ?

コーヒー 冷めない方法

コーヒーが冷めない方法としては、下記の方法がおすすめとなります。

 

・コーヒーを注ぐカップを温める
・二重構造のカップを使用する
・蓋をしておく

 

コーヒーが冷めない方法.カップを温める

コーヒーが冷めないようにする方法として、あらかじめ熱湯をカップに注いでおくのがおすすめです。

 

カップが冷たい状態だと、コーヒーを注いだ時にカップに温度が奪われてしまい、冷めるのが早くなってしまいます。

なので、コーヒーが冷めない方法として事前にカップにお湯を注いで温めておくことで、コーヒーの熱が逃げないようにすることが出来ます。

 

そして、コーヒーを注ぐカップを温める方法としては、下記のような手順です。

1.お湯を準備する
2.ケトルや鍋等でお湯を100度になるまで沸かす
3.お湯が沸いたらカップに熱湯を注ぐ
4.お湯を注いで3分程経過したらお湯を捨てる

 

100度くらいまで沸騰させたお湯を使用するのは、温度が高い方が物質に熱が伝わりやすいので短時間で温まるからです。

そして、飲み口の当たりにまでお湯を注いでおくことによって、カップは早く温まります。

 

他にも、時間がない時には電子レンジでコーヒーカップを温めるという方法もあります。

1.コーヒーカップに水を7部目くらいまで入れておく
2.電子レンジで500~600Wくらいで約1分温める

 

ただ、電子レンジで水を温める時は、取り出すときに突然沸騰して水が飛び出してしまう事もあります。

また、電子レンジで温めたカップは温度が上がっているので、手に取るとやけどしてしまう事もあり得るのです。

 

なので、電子レンジで水の入ったカップを温めた後は、十分注意したうえで取り出すようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

コーヒーが冷めない方法.二重構造のカップを使用する

マグカップの中には、アウトドア用の二重構造のカップも発売されています。

二重構造のカップは、通常と比較して断熱性が高いので、中に入っているコーヒーも冷めにくくなっています。

 

そのため、前述のお湯を最初に注いでカップを温める方法も一緒に実践すれば、コーヒーが温かい状態を保つことが出来ます。

また、職場等のお湯を注いでカップを事前に温めるという事が中々できないような時にも、二重構造のカップを使用するのもおすすめです。

 

コーヒーが冷めない方法.蓋をしておく

コーヒーが冷めないようにするためには、蓋をしておくというのもおすすめです。

もし、コーヒーを注いで席を立つようなことがあるなら、蓋をしておくだけでも熱が逃げるのを防ぐことが出来ます。

 

そして、事前にお湯を注いでカップを温めて置いたり二重構造のカップにコーヒーを注いでおくことで、蓋をした時にコーヒーが冷めにくくなるのです。

 

缶コーヒーが冷めない方法は?

缶コーヒー 冷めない方法

缶コーヒーが冷めない方法としては、発泡スチロールの中に缶コーヒーを入れて保温するのがおすすめです。

 

蓋つきの発泡スチロールの箱の中にタオルを敷いて、隙間が空かないように密閉していくことで、缶コーヒーが冷めないようになります。

なので、缶コーヒーを複数本持っていく場合は、冷めないように発泡スチロールに入れるのがおすすめです。

 

詳しい方法についてはこちらもご参照ください。

 

コーヒーが冷めない方法はこの3つまとめ

コーヒーが冷めない方法として、この3つの方法がおすすめです。

・コーヒーを注ぐカップを温める
・二重構造のカップを使用する
・蓋をしておく

 

そして、二重構造のカップを用意したうえで事前にお湯を注いでカップを温めておけば、コーヒーが冷めにくくなります。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました