カフェオレとコーヒーの微糖との違いは カフェモカやカプチーノとでは? | コーヒーが好きな人の部屋

カフェオレとコーヒーの微糖との違いは カフェモカやカプチーノとでは?

カフェオレ コーヒー 違い コーヒー知識

※当ブログは広告を含む場合があります。

市販のカフェオレとコーヒーの微糖は見た目が似ているように思いますが、カフェオレとコーヒーの微糖にはどういう違いがあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク



おすすめのコーヒー

珈琲きゃろっと

美味しさと最高の品質を兼ね備えたコーヒー豆のお試しセットが、初回限定!今だけ58%OFF!!

豊かなコクと贅沢な味わいの10銘柄、計50袋入りのコーヒーのお試しセットが、初回限定で48%OFF!!


カフェオレとコーヒーの微糖の違いは?

カフェオレ コーヒー 違い

市販で売られているカフェオレとコーヒーの微糖は見た目は似ている印象ですが、どういう違いが存在しているのか、それぞれの特徴を見てみましょう。

 

カフェオレ

「カフェオレ」というのはフランス発祥の「Café au lait」から来ている言葉で、それぞれの言葉にはこんな意味があります。

Café=コーヒー

au=前置詞

lait=牛乳

 

そして一般的にカフェオレと呼ばれる飲み物は、濃い目に淹れたドリップコーヒーと温かい牛乳を5:5くらいの半分ずつの割合で作られたものです

 

コーヒーの微糖

「微糖」というのは食品表示法で規定されている100mlあたりの糖の量で、全国コーヒー飲料公正取引協議会が定めている「コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)」と比較して無糖、微糖、低糖に分類されます。

 

そして、どういう条件で無糖、微糖、低糖に分類されるのかは下記の通りです。

微糖、低糖=糖類2.5g未満

無糖=糖類0.5g未満

 

なので、コーヒーの無糖というのは100mlあたりに含まれている糖類の量が2.5g未満のものです。

 

だから、カフェオレとコーヒーの微糖の違いはこういう事です。

カフェオレ: 濃い目に淹れたドリップコーヒーと温かい牛乳を5:5くらいの半分ずつの割合で作ったもの

コーヒーの微糖: 100mlあたりに含まれている糖類の量が2.5g未満のもの

 

そのため市販のコーヒーでも、コーヒーと牛乳の割合が5:5かそれに近いものならカフェオレになり、コーヒーと牛乳の割合が5:5ではなく100mlに含まれている糖類が2.5g未満ならコーヒーの微糖という事になると思います。

とはいえ、100mlに含まれている糖類が2.5g未満なら微糖になりますので、カフェオレに含まれている糖類が2.5未満なら微糖カフェオレという事になりそうですが。

 

スポンサードリンク

 

カフェオレとカフェモカの違いは?

カフェオレ コーヒー 違い カフェモカ

カフェオレとカフェモカは名称が似ていますが、どんな違いがあるのかカフェモカの特徴を見てみましょう。

 

カフェモカ

カフェモカはアメリカ発祥の飲み物で、エスプレッソコーヒーをベースとし、温めたミルクやチョコレートシロップを加えたものです。(ミルクの代わりにココアを加えることもあります)

カフェモカに含まれているエスプレッソとミルクとチョコレートシロップの割合は2:7:1くらいでミルクが多めです。

 

だから、カフェオレとカフェモカの違いはこうなっています。

カフェオレ: 濃い目に淹れたドリップコーヒーと温かい牛乳を5:5くらいの半分ずつの割合で作ったもの

カフェモカ:エスプレッソコーヒーに温めたミルクとチョコレートシロップを2:7:1の割合で入れたもの

 

なので、エスプレッソコーヒーかどうかやチョコレートシロップが使用されているか、さらにコーヒーと牛乳の割合などでカフェオレとカフェモカは違っています。

 

 

カフェオレとカプチーノの違いは?

カフェオレ コーヒー 違い カプチーノ

カフェオレとカプチーノも見た目の印象は似ていますが、どういう違いがあるのかカプチーノの特徴を見てみましょう。

 

カプチーノ

カプチーノはイタリア発祥の飲み物で、エスプレッソコーヒーの中に温めたミルクの「スチームドミルク」と、泡立てたミルクの「フォームドミルク」を加えたものです。

この時のエスプレッソとスチームドミルク、フォームドミルクの割合は1:1:1になりますが、好みで調整しても問題ないです。

 

なので、カフェオレとカプチーノの違いはこうなっています。

カフェオレ: 濃い目に淹れたドリップコーヒーと温かい牛乳を5:5くらいの半分ずつの割合で作ったもの

カプチーノ: エスプレッソコーヒーとスチームドミルク、フォームドミルクを1:1:1の割合で入れて作ったもの

 

カフェオレとコーヒーの微糖との違いまとめ

カフェオレとコーヒーの微糖との違いはこうなっています。

カフェオレ: 濃い目に淹れたドリップコーヒーと温かい牛乳を5:5くらいの半分ずつの割合で作ったもの

コーヒーの微糖: 100mlあたりに含まれている糖類の量が2.5g未満のもの

 

だから、100ml当たりに含まれてる糖類の量が2.5g未満を微糖と考えるといいですが、カフェオレはコーヒーと牛乳の比率で区分されているので、カフェオレの微糖も作ろうと思えば作れるでしょう。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました