カフェオレを飲み過ぎると吐き気や下痢が 太る原因にもなる?

カフェオレ 飲み過ぎ コーヒー知識

カフェオレを毎日のように飲んでいると思いますが、実はカフェオレを飲み過ぎると体にこんなことが起こってしまう?

 

スポンサードリンク



カフェオレを飲み過ぎると吐き気が起こる?

カフェオレ 飲み過ぎ 吐き気

カフェオレを飲み過ぎると、吐き気を起こすこともあります

 

カフェオレの中にはカフェインが含まれていて、カフェインには消化器官を刺激する作用や胃液の分泌を促す作用があります

なので、カフェインを飲み過ぎるとカフェインの作用によって消化器官を刺激し過ぎたり遺産を分泌し過ぎてしまうので、胃の中が荒れて吐き気を感じたり気持ち悪くなってしまいます。

 

特に空腹のときに胃酸が大量に分泌されてしまうと、胃を傷つけてより吐き気を感じやすいです。

 

それ以外にもカフェインには覚醒作用があるため、カフェオレを飲み過ぎると自律神経が乱れて吐き気を感じることや気持ち悪いと思うことがあります

カフェオレは牛乳も入っていますが、それでも飲み過ぎるとカフェオレを大量に摂取することになるので注意しましょう。

 

カフェオレを飲み過ぎると下痢になる?

カフェオレの中に含まれているカフェインは、消化器官を刺激する働きが存在しています

なので、カフェオレを飲み過ぎてカフェインを大量に摂取すると、消化器官が刺激されて腹痛や下痢を引き起こしてしまいます

 

さらにカフェオレには牛乳が含まれているので、人によっては飲み過ぎると牛乳の成分によって腹痛や下痢になる場合もあります。

(人によって牛乳で下痢や腹痛を起こす理由は、牛乳に含まれる乳糖を消化する乳糖分解酵素(ラクターゼ)という成分が少ないことや、働きが弱いことです。)

 

なので、カフェオレを飲み過ぎると人によってはカフェインだけでなく牛乳の成分で腹痛や下痢になる場合もあります。

 

スポンサードリンク

 

カフェオレを飲み過ぎると太る?

カフェオレ 飲み過ぎ 太る

カフェオレを飲み過ぎると太る原因にもなってしまいます。

コーヒーを飲むことによって脂肪燃焼効果を期待することはできますが、市販のカフェオレにはコーヒー以外に牛乳や砂糖が含まれています

 

牛乳には脂質や炭水化物が含まれていますし、砂糖には糖分が含まれています。

なので、カフェオレを飲み過ぎると太ることに繋がってしまいます。

 

カフェオレを飲み過ぎると病気になる?

カフェオレには前述の通り、市販のものには砂糖が含まれています。

なので、カフェオレを飲み過ぎると血糖値が急上昇することになり、急性糖尿病等の病気に繋がってしまうのです

 

さらに、糖分が含まれているカフェオレを飲み過ぎると高血糖状態になって喉が渇きやすくなり、カフェオレを飲むのを止められなくなることもあります。

だから、カフェオレを飲み過ぎると病気になるリスクもあります。

 

カフェオレの飲み過ぎにならない量は?

カフェオレは飲み過ぎると体にとって良くないですが、1日1~2杯分飲む程度なら飲み過ぎにはならないです

 

また、カフェオレというのは濃く淹れたコーヒーと温かい牛乳を5:5くらいの割合で混ぜた飲み物のことなので、市販で売られているものに限らず自分でカフェオレを作ることもできます。

なので、自分で砂糖の入ってないカフェオレを作って飲むのも、飲み過ぎによって太ってしまうのを防ぐことや糖尿病になるのを防ぐ方法の1つになります。

 

カフェオレを飲み過ぎるとまとめ

カフェオレを飲み過ぎると吐き気を起こしたり下痢になるだけでなく、太ることになったり糖尿病などの原因にもなります。

だから、カフェオレを1日に飲み過ぎないように1日当たり1~2杯くらいに留めておくのがオススメです。

 

そして、カフェオレは自分で作ることもできますので、太るのを防止するために砂糖の入ってないカフェオレを自分で作ってみるというのも1つの方法です。

なので、飲み過ぎにならないように注意してカフェオレを飲みましょう。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました