ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いって何?

ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いって何? コーヒー知識

※当ブログは広告を含む場合があります。

カフェで提供されている、ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いはどうなっているのでしょう?

 

スポンサードリンク



おすすめのコーヒー

珈琲きゃろっと

美味しさと最高の品質を兼ね備えたコーヒー豆のお試しセットが、初回限定!今だけ58%OFF!!

豊かなコクと贅沢な味わいの10銘柄、計50袋入りのコーヒーのお試しセットが、初回限定で48%OFF!!


ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いは?

ホットコーヒー アメリカンコーヒー 違い

ホットコーヒーとは、熱湯で淹れたコーヒーや温かいコーヒーを意味する言葉なので、厳密にはアメリカンコーヒーのホットもホットコーヒーとなります

 

それにも関わらず、カフェで提供されているホットコーヒーとアメリカンコーヒーで分けられているのには、こんな違いがあるからなのです。

 

ホットコーヒーとアメリカンコーヒーには使用されている豆に違いがある

カフェで提供されているホットコーヒーは、ブレンドコーヒーと呼ばれるものが多いです。

 

ブレンドコーヒーは、複数のコーヒー豆を混ぜ合わせたコーヒーのことで、混ぜ合わせるコーヒー豆の種類や割合によって味わいや風味が変わってきます。

コーヒー豆の種類や割合で変化を持たせやすいという事で、オリジナルブレンドとしてホットコーヒーを提供しているカフェが多いです。

 

その一方でアメリカンコーヒーは、本来は浅煎りのコーヒー豆を用いてお湯を多めに抽出したコーヒーのことです。

浅煎りのコーヒー豆を使用することによって、紅茶のような薄い色のコーヒーになります。

 

だから、ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いは下記のポイントが1つです。

 

ホットコーヒー:複数の豆をブレンドしている

アメリカンコーヒー: 浅煎りのコーヒー豆を使用している

 

 

ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いは濃さ

アメリカンコーヒーは、本来は浅煎りのコーヒー豆を用いてお湯を多めに抽出したコーヒーなのですが、お湯で薄めたブレンドコーヒーをアメリカンコーヒーとして提供しているカフェも中には存在しています

前述の通り、アメリカンコーヒーは紅茶のような薄い色をしているので、「アメリカンコーヒー=薄いコーヒー」という風に認識された部分もあるのでしょう。

 

なので、ホットコーヒーのアメリカンコーヒーの違いは下記のポイントもあります。

 

ホットコーヒー:通常の濃さのコーヒー

アメリカンコーヒー:お湯で薄めたコーヒー

 

スポンサードリンク

 

ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いは味

ホットコーヒーと比較すると、アメリカンコーヒーは酸味が強くて苦みやコクが少ないです。

なので、ややさっぱりとした口当たりとなり、人によっては通常のブレンドコーヒーと比べて飲みやすいという場合もあるでしょう。

 

アメリカンコーヒーは、浅煎りのコーヒー豆を使用してお湯を多めで淹れているコーヒーですので、それによって酸味が強くなってあっさりとした味わいになるのでしょう。

また、コーヒーをお湯で薄めるのも、お湯が足される分コーヒーの苦味やコクが薄くなって、飲みやすくなるのだと思います。

 

 

アメリカンコーヒーのカフェインの量はホットコーヒーと比較して?

アメリカンコーヒー カフェイン 量 ホットコーヒー

アメリカンコーヒーのカフェインの量は、ホットコーヒーと比較して多くなります

 

アメリカンコーヒーは、薄いコーヒーという印象ですし、浅くコーヒー豆を焙煎していることから、コーヒーが少ないと思うかもしれません。

しかし、実際のコーヒー豆は焙煎が浅いほどカフェインの量が多くなり、焙煎が深くなる程カフェインの量は減っていきます

 

なので、浅煎りのコーヒー豆が使用されているアメリカンコーヒーの方が、ホットコーヒーと比較するとカフェインの量は多いのです。

 

ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いまとめ

ホットコーヒーとアメリカンコーヒーの違いは下記の通りでした。

 

使用されている豆

ホットコーヒー:複数の豆をブレンドしている

アメリカンコーヒー: 浅煎りのコーヒー豆を使用している

濃さ

ホットコーヒー:通常の濃さのコーヒー

アメリカンコーヒー:お湯で薄めたコーヒー

アメリカンコーヒーは酸味が強くて苦みやコクが少なくてあっさり

 

そして、意外にもカフェインの量はアメリカンコーヒーの方が多いのです。

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました