マックのコーヒーは熱い 温め直しはできる 作り置きしてる?

マック コーヒー 熱い 温め直し 作り置き ミスド

マックのホットコーヒーは火傷を負う事件が起こるくらい熱いですが、なぜマックのコーヒーは熱いのでしょうか?

 

スポンサードリンク



マックのコーヒーが熱いのはなぜか?

マック コーヒー 熱い

マックのコーヒーが熱い理由としては、以下の理由が考えられます。

 

マックのコーヒーは持ち帰りが前提になっている

マックのコーヒーは購入してその場で飲む場合でも、蓋を付けた状態で提供されています。

なので、どちらかといえば購入してすぐに飲むのではなく、持ち帰りして家や職場などでから飲むことを前提としています

 

持ち帰りする時や休憩時間など、購入してから時間が経過することもありますし、食事や仕事、運転しながらゆっくり飲むという人だっています。

だから、マックのコーヒーは時間経過による温度の低下を考えて熱めに淹れていると考えることが出来ます。

 

 

マックのコーヒーが熱くないとぬるく思う

マックに限らずコーヒーは、熱くないと「ぬるい」と感じてしまう人もいます。

そして、コーヒーがぬるくなると熱いときと比較してまずいと感じる人もいます。

 

だから、すぐに温度が下がってぬるくなってしまわないように、マックのコーヒーは温度が熱く淹れられているのだと考えられます。

 

 

マックのコーヒーが熱いときはどうする?

マック コーヒー 熱い

マックのコーヒーは熱いから飲むのが大変ですが、その時はこんな対策をしましょう。

 

マックのコーヒーは持ち帰りする

マックのコーヒーは、その場ですぐに飲むと熱いですが、持ち帰りすれば数分経過するので、温度が下がって丁度いい温かさになります

私も、マックでコーヒーを持ち帰りして飲んだ時は、その場でそのまま飲んだ時よりも熱いと感じませんでした。

 

マックのコーヒーは蓋を開けて置いておく

マックでコーヒーを購入して、その場でイートインして飲むときは、蓋を開けて冷めるまで置いておきましょう

蓋をしている状態としていない状態では、温度の下がり具合が違ってきますので、食事を終えて食後のコーヒーとして飲む頃には、温度は下がっています。

 

氷を貰ってコーヒーに入れる

マックではコーヒーを無料で貰うことが出来ますし、フードコート等で置いてある給水機から出る水に氷が入っていることもあります。

だから、マックのコーヒーに氷を入れれば、熱さを軽減することが出来るので、飲みやすくなります。

 

スポンサードリンク

 

マックのコーヒーを温め直しするときは?

マックのコーヒーが冷めてしまったから、電子レンジでまた温かい状態に温め直しするときは、紙コップの中のコーヒーを耐熱のマグカップに移し替えましょう

電子レンジに入れたら、500Wかそれ以下の強さに調整して、30~1分くらい温めましょう。

 

その後は、30秒おきくらいに温めて自分にとって丁度いい温度に調整していきましょう。

この時、カップには特にラップをする必要はありません

 

ちなみに、紙コップに入れたままコーヒーを温めると、こんなことが起こってしまうのでやらないようにしましょう。

 

ポリエチレンが溶けてしまう

中に入っている飲み物が沸騰して飛び出る

紙カップが破損してしまう

 

マックのコーヒーは作り置きしている?

マック コーヒー 作り置き

マックのコーヒーは熱いですが、作り置きをしているのかについては、公式サイトによると抽出開始から30分という保管時間を設定しているということです。

 

なので、マックではコーヒーは注文ごとに淹れているわけではなく、抽出開始されてから30分以内のものを提供していることになります。

マックでは、約4分かけてじっくり丁寧に抽出していますので、実質26分程コーヒーを作り置きしていることになると思います。

 

マックのコーヒーが熱いまとめ

マックのコーヒーは熱いですが、どちらかというと持ち帰りすることを前提としているので、熱い温度で淹れているのだと思います。

そして、その場でマックのコーヒーを飲むときは、蓋を開けて少し置いておくといいかもしれないです。

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました