ブラックコーヒーを甘くするには はちみつを入れるのはどう? | コーヒーが好きな人の部屋

ブラックコーヒーを甘くするには はちみつを入れるのはどう?

ブラックコーヒーを甘くするには はちみつを入れるのはどう? コーヒー知識

※当ブログは広告を含む場合があります。

ブラックコーヒーを甘くするには、どんな方法があるのか気になっていませんか?

 

スポンサードリンク



おすすめのコーヒー

珈琲きゃろっと

美味しさと最高の品質を兼ね備えたコーヒー豆のお試しセットが、初回限定!今だけ58%OFF!!

豊かなコクと贅沢な味わいの10銘柄、計50袋入りのコーヒーのお試しセットが、初回限定で48%OFF!!


ブラックコーヒーを甘くするにははちみつを入れる?

ブラックコーヒー 甘くする はちみつ

ブラックコーヒーは、はちみつをスプーン1杯分入れることでも、甘くすることはできます。

 

ホットでブラックコーヒーにはちみつを入れた印象としては、コーヒーの苦味はだいぶ和らいで、全体的に少しまろやかさが加わるような感じです。

ただ、私としてはブラックコーヒーにはちみつを入れるのは、スプーン1杯分だけだと甘くするというよりは苦味を抑えるという表現の方がピッタリくるように思いました。

 

そして、はちみつと言っても色々と種類が存在しますので、どの種類を入れるかによって味に差が出てくる場合も存在します。

 

スポンサードリンク

 

ブラックコーヒーを甘くする方法は他にも?

ブラックコーヒーを甘くするには、他にも下記のような方法が存在しています。

 

砂糖を加える

ブラックコーヒーを甘くするには、砂糖を入れるというのが定番の方法です。

角砂糖なら2個、スティックタイプの物なら2本入れることで、ブラックコーヒーを甘くすることが出来ます。

 

ガムシロップ

ブラックコーヒー 甘くする

ブラックコーヒーをアイスで飲む場合は、ガムシロップを加えるのがおすすめです。

 

アイスコーヒーだと、粉状の砂糖は溶けにくくて下の方に残ったものが溜まってしまいます。

そのため、溶けやすいようにアイスのブラックコーヒーには、ガムシロップを加えるのが定番なのです。

 

 

ミルクを加える

ブラックコーヒー 甘くする

ブラックコーヒーを甘くするというより、苦味を抑えるならミルクを加えるのもおすすめです。

 

ミルクが加わるだけでも、コーヒーの苦味が抑えられてマイルドな口当たりへと変化します。

そして、ミルクに加えて砂糖やはちみつ等も一緒にブラックコーヒーに入れることで、より甘くすることが可能です。

 

 

練乳

練乳をブラックコーヒーに入れるのも、甘くする方法としておすすめです。

混ぜて飲んでも美味しく飲むことが出来ますし、混ぜずに味の変化を楽しむという事も出来ます。

 

みりん

なんと、みりんをブラックコーヒーにスプーン1杯分入れるだけでも、甘くすることが出来るという情報もありました。

試しに私も、ブラックコーヒーにみりんをスプーン1杯入れて飲んでみましたが、苦さが消えてほんのりと甘くなったという印象です。

 

しかし、そこまで劇的に甘くなったという感じでもなく、あくまでも苦味を抑えるという印象でした。

そして、みりんにはアルコールが含まれていますので、ご注意ください。

 

チョコレート

チョコレートを加えるのも、ブラックコーヒーにコク等を加えて甘くすることが出来ます。

チョコレートソースやシロップ等も発売されていますので、それを加えてみるのもおすすめです。

 

生クリーム

コーヒーの上に生クリームを乗せることによって、濃厚なコクが生まれることになりますので、ブラックコーヒーを甘くすることが出来ます。

 

キャラメル

キャラメルをブラックコーヒーの中に入れるのも、甘くするのにおすすめです。

事前にキャラメルを溶かしてもいいですし、キャラメルシロップやソースをブラックコーヒーに加えるのもおすすめです。

 

ブラックコーヒーと甘いものの組み合わせもおすすめ?

ブラックコーヒー 甘いもの

ブラックコーヒー自体を甘くする以外にも、甘いものと一緒に食べることで美味しく飲むことが出来ます。

ケーキやチョコレート、アイス等の甘いものと一緒にブラックコーヒーを味わうことで、苦味を抑えることが出来るのです。

 

そして、ブラックコーヒーはカロリーが0kcalですし、コーヒーに含まれるクロロゲン酸も脂肪燃焼効果があります。

なので、ブラックコーヒーと甘いものの組み合わせは相性がいいのです。

 

ブラックコーヒーを甘くするにはまとめ

ブラックコーヒーを甘くするには、砂糖やはちみつを加えることで甘くすることが出来ます。

しかし、ケーキ等の甘いものを一緒に味わう事でも、苦味を抑えることが出来るのです。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました